interview#02
2 INTERVIEW

働き方の多様性を実現させた先で見えたもの
企業も働くママもお客様も嬉しくなる仕組み

MARLMARL × MESHWellタレント

業界内からは「販売員が不足している」と耳にする一方で、社会復帰したいママたちは「働きたいけど働けない」という声が上がっています。働きたいけど働けないと感じているママたちがいう一番の理由は「働ける時間帯が限られているからこの業界で働くのは無理だろう」という思い込みが大きいようです。
このマッチング不足が解消されたとき、どんな新しい世界が見えるのでしょう。
そこで、実際にMESHWellのタレントとして働いているASAMIさんと主な就業先であるブランド「MARLMARL」の前野友貴さんに話を伺いました。

<参加者> ※ 左から順

  • 伊藤ゆり:
    株式会社メッシュウェルCCO
    (1歳女児のママ)
  • ASAMIさん:
    MESHWellタレント
    (2歳男児のママ)
  • 前野友貴さん:
    株式会社Yom店舗運営推進部 シニアマネージャー

繁忙期だけ人員が欲しいショップと
働きたい時間が限られているママをつなぐ

 MARLMARLでMESHWellを利用することになったきっかけは?

[前野さん]

以前から伊藤さんと知り合いで、ある時に二人で雑談している中で「繁忙時間や繁忙期だけに人が増やせるといいな」と話したところ、MESHWellのことを伺い、「これは新しい!」と感銘したのです。
早速、HINKA RINKA銀座店と丸の内店でテスト運用をしてみたところ、とても可能性を感じたので、今年4月からは伊勢丹新宿店にも導入しました。

 それまで人手が足りないときはどうされていたのですか?

[前野さん]

それまではオペレーションの改善で対応していました。社内努力です。
MARLMARLはギフトブランドなので繁忙時期が読み易く、大型連休前や年末年始前後などは特にベビー用ギフトを用意される方が多いと分かっているので、その時期だけでも入っていただけると助かると思い利用させていただきました。

 ASAMIさんがMESHWellで働くことになったきっかけは?

[ASAMIさん]

ちょっと欲張りなのですが、子育てしながら色んな仕事をしつつ、自分が学ぶためのスクールにも行きたいと思っていまして、そんな時に伊藤さんからMESHWellのお話を伺いました。限られた時間でしか働けないですが、その中でもアパレルで販売の仕事をしたいと思っていたので、こんなに新しくて魅力的なことはないと思い、タレント登録しました。

[伊藤]

私とASAMIさんは元々ヨガスクールで顔見知りになって、偶然にもベビーマッサージの教室でも一緒になり、色々お話しをしたのです。雑談からMESHWellのことをはなしたら、とても興味を持っていただいたのです。

[ASAMIさん]

正直、アパレルの販売職でこんな我儘な時間で働けるわけないと思っていたので、この業界で働くのは無理だと考えていました。でも、MESHWellなら自分の空いている時間、曜日だけを有効に使って働けるというので、これはチャレンジするしかない!と思いました。

子育ての経験を接客に生かせるのが楽しい!
ママタレントの存在が店頭を活性化

 普段はどんなことをされているのですか?

[ASAMIさん]

今はネイルサロンと幼児教室の託児アシスタントの仕事をしながら、ヨガスクールに通っています。

 実際に勤務してみたらどうでしたか?

[ASAMIさん]

販売職は未経験だったので不安でしたが、働いてみたら本当に楽しかった。来店される方はギフトや自分のお子さんの為を思って買い物されるので、ワクワク感を持っていらっしゃるのが伝わってくるんですよね。
一緒に楽しみながら商品選びできるのが嬉しいです。

[伊藤]

他のタレントさんも同じことを言っていますよ。
業務終了時にタレントさんから報告メールをいただくこともあるのですが、皆さん「楽しかった」と書いてありました。基本的に忙しい時間帯に入っていただいているので、仕事は大変だと思うのですが、それを楽しみつつ、お客様のお役に立てていることを実感しているように文面からは伝わってきます。

[前野さん]

私たちの仕事は、大切な人への大切なギフトを選ぶシーンを手伝うことなので、それを理解してお仕事していただいていることが嬉しいです。
伊勢丹新宿店は特に忙しいお店ではありますが、その中で一人ひとりのギフトの相談相手として、しっかりお選びしたいという気持ちがありました。これまでは時折、客数に対しスタッフ数が足りていないと場面も出てしまっていましたが、今ではスポットでタレントさんに入っていただき、お客様に合わせたギフト選びをお手伝いいただいているので助かっています。

 MARLMARLが求めている人材はどういう方ですか?

[前野さん]

MARLMARLは可愛らしい世界観と同時に機能性も大切にしているブランドです。ママたちの『あったらいいな』という思いを形にしたアイテムの機能面を説明することが店舗スタッフに求められるため、タレントさんには使用シーンが想像できるような提案力のある方が理想です。
現在、MESHWellからはママさんたちが主に入っていただいていますが、自分の子育ての経験談から「私の場合はこのアイテムをこんな風に使っています」と説得力がある接客をしてもらっているので、ギフトを買い慣れていない男性客や若い方にも響いているようです。

[伊藤]

私も丸の内店の店頭に立たせていただいたときに、とてもカワイイ服を見つけて娘のために服を購入して、その後、同じ服を3、4着販売したのです。そうしたらスタッフの方に「どうやって接客しているんですか?」と質問されて、「私はこう着せています」とか「こう着せるとカワイイですよ」と実体験を伝えたと教えました。
お客様に実際に来た時のイメージを具体化してお話しできるのは、自分に経験があるからできることですよね。

[ASAMIさん]

ギフトを買いに来られるお客様はお子さんがいない方が多いので、「こうした方が良い」「この商品が良い」とアドバイスすると喜んでいただけるので、私もお客様の力になれて嬉しいのです。

[前野さん]

お子さんのいるタレントさんは、販売経験がない方でもたくさん売ってくださるんです。よくある接客販売の流れに乗らず、ママさん同士の子育てにまつわるあるあるトークやお悩みトークなどで盛り上がりながら楽しく販売してくれているので、子育て未経験のスタッフにとっても、接客トークが勉強になり、既存スタッフも良い刺激をいただいています。

[伊藤]

ママたちは自分の知識や経験が役に立つということがあまり実感ないのだと思います。一方で、ユーザー目線でブランドや商品に興味がある方をマッチングしていますが、商品の詳しいところまでは分からない点もあるので、その辺は既存のスタッフに質問しながら接客してもらっています。

[前野さん]

既存のスタッフ研修ではデザインや機能性が色々あるので説明をするのですが、タレントさんはユーザーとして使っていただいているので、その点の研修が省けることが実は私たち的にはメリットでもあるのです。
それに新作が入荷した時に積極的に売ってくださり、強化商品があるときもその販売対策にも積極的にご意見をいただけるのがとても嬉しいです。

[伊藤]

強化アイテムについて、ASAMIさんは意識していました?

[ASAMIさん]

出勤したらスタッフの方が教えてくれますし、商品のレイアウトが変わると分かります。例えば浴衣が目に付くところにあれば「今日は浴衣が売りたいんだな」というのが伝わるので、それに合わせて売っていきます。
店のやるぞ!という気持ちが分かるので、その商品が売れるとやる気が湧きますね。それに新作が入るとテンションも上がります!

[伊藤]

MARLMARLが素敵、好きという気持ちが出てしまうんでしょうね(笑)。

[ASAMIさん]

店頭にいるだけで幸せなのです(笑)。

働き方が自由になると仕事が楽しくなる

 今後こんなタレントさんに入って欲しいとかありますか?

[前野さん]

ずっと叶えたいと思っているのが、パパさんや元保育士さんなど、男性の方に入っていただくことです。ギフトは男性のお客様も買いに来られるので、男性スタッフも活躍できるし、ベビーに無知な男性のお客様でも安心してお買い物できると思うのです。

 ASAMIさんは今後どんな働き方をしてみたいですか?

[ASAMIさん]

とても満足しているのですが、他のブランドにもチャレンジしたい気持ちもあります。でも今は積極的にMARLMARLで働きたいです。以前は空いている時間だけ入るという感じでしたが、今は優先順位が変わってこの仕事を続けたいという気持ちが高まっています。
本当にお勧めの働き方なので、みんなに教えたいです!